close

人生100年のライフプランサポート

人生100年時代のライフプランサポート

相続の問題——弁護士への依頼は、親族間の紛争が生じてからがほとんどです。
しかし調停や裁判による解決は、親族間にどうしても深いしこりを残します。
私たちソフィア法律事務所はこの問題について、異なるアプローチが必要であると考え、
オーダーメードの高品質なサービスをご提案しています。

50代以降に生じるリスク

相続問題はその筆頭のひとつ

 70歳を過ぎているのに、いつも溌剌としている自営業の方がいます。奥様から、「老後の蓄えのために、もっとがんばって働いて」と言われ、「いまが老後ではないのか」と感じたそうです。「人生100年時代」と言われるようになりました。長い老後、それを幸せな時間とするには、心身の健康を心がけることはもちろん、判断力・気力が衰えないうちに、将来生じるかもしれないリスクを想定し、適切な対策を講じることが大切です。
 50代以降に直面する問題、その筆頭のひとつに相続問題があります。相続問題は、両親のいずれかが存命のうちは表面化することは少なく、両親とも亡くなった時点で親族間の積年の感情が初めて表面化し、骨肉の争いとなるケースが数多くあります。経済的な成功をおさめ、ご自分の意思が反映された遺言もありながら、相続人や関係者の納得が得られず、相続人から感謝されないような内容では、「幸せな相続」とはならず、人生の最後に大きな悔いを残します。